女性用バイアグラと女性用媚薬はどこが違う?

女性用バイアグラと女性用媚薬はどこが違う?

女性用媚薬の呼称で販売されているものには、複数の種類の薬が含まれます。一般に媚薬とは性欲を高める効果を有するものを幅広く対象にしています。

女性用媚薬には、性欲を高める作用を持つものの他、漢方薬や生薬などで古来性機能を高める作用を期待されるものや、エストロゲンなどの女性ホルモンも女性器の発達を促す効果に着目すれば、同様の範疇に分類することも出来るでしょう。

このように女性用媚薬には、バラエティ豊富でその効果の程も一定した見解で一致を見ているわけではありません。多くは天然成分を含んでいるので、どちらかと言うとサプリメントの性格が濃厚だと評価することが出来るわけです。

これに対して、女性用バイアグラは医薬品であって、作用機序も明らかにされています。女性用バイアグラの種類には男性用バイアグラと同等の物質を配合したものから、精神的に作用するものや性器に作用するものなどがあります。

男性用のバイアグラの有効成分シルデナフィルを含んでいますが、これは女性の性機能低下にも有用だと考えられているからです。

シルデナフィルには、性器周辺の血管を拡張し血流を改善させることが可能になるので、膣分泌液の分泌が増加するなどの効果も有すると見られているわけです。

最近アメリカのFDA(米国食品医薬品局)で承認を受けた女性用バイアグラのなかには、精神的作用を持つものも登場しています。

抗うつ剤等と同様に脳や中枢神経に作用し、性欲を高める効果を持つとされているもので、フリバンセリンを有効成分に含むものになるのです。

実はこのフリバンセリンはFDAの承認を受けたのは3回目の申請でようやく認められるなど紆余曲折を経ているのは、中枢神経に作用する為、安全性が厳しく審査されたことによると考えられます。

フリバンセリンの特徴は脳内化学物質の活性を調整する作用にあります。性欲を高めるドーパミンやノルアドレナリンの分泌を促進したり、性欲を抑える方向に作用するセロトニンの分泌を抑制する作用も持っているのです。

このような薬理作用を持つので、女性の性欲を喚起する作用を持つことが知られています。

女性用媚薬は昔から経験則上性機能を高めると考えられていた、天然由良成分をメインにしたサプリメントや軟膏に加工したものが多く、あくまで性機能補助程度に止まります。

一方、女性用バイアグラには性器への血流を促進したり、脳や中枢神経に作用するなどの医薬品になるので、服用も用法容量を遵守する必要があると言えます。